バックナンバー

麻酔時には痛みは必ずついてくる

患者の目線に立つ歯科医院

痛みのない歯科治療もある

歯医者さんというと、大人でも苦手意識を持つ方が多く、よほどのことがない限り近寄りたくないもの、といったイメージを持っている方も少なくありません。しかし、医学の急速な進歩に伴い、歯科の分野も大きく様変わりしており、治療法も以前とは全く違っています。歯医者さんが嫌な最大の理由は、痛いということに限りますが、現代では麻酔を上手に使いながら治療を行うため、苦痛を感じることもありません。極力歯を削らない、という方針の歯科医院も多く、出来るだけ歯を残すように進めてくれます。事前にカウンセリングをしっかりと行い、患者側の希望をくみ取りながら、治療期間や費用も含めて、最適な治療計画を立ててくれるので、安心して通院できます。痛いということが不安な場合には、無痛治療を導入している歯科クリニックを選択すれば、より安心です。麻酔もいろいろなものを扱っていて、極細の針を使用したり、麻酔液を時間をかけてゆっくりと注入してくれたり、患者がストレスを感じないように配慮してくれます。痛いということを不安視するあまり、治療を先延ばしにしてしまうと、症状が悪化し、結果として治療期間が長引いてしまったり、費用が多くかかってしまうことにもつながるので、病院をきちんと見極めて早く診察を受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP