バックナンバー

麻酔による副作用とは何か

歯科で利用する麻酔の必要性

歯科で使う麻酔の使い方と種類

歯科で虫歯や場合によっては歯周病の治療の時などに麻酔を使用する事がありますが、これは歯を削ったり、歯茎などにメスを入れる場合などの痛みをかんじさせなくなる為に行っています。歯科医師も医師である事から、もちろん麻酔を利用する事ができますので、使い方を充分に理解していますし、必要に応じて最適な量と場所に注射をしています。人によっては、使用できないような人もいますし、気分が悪くなるなどの副作用がでやすいタイプの人もいるので、事前に使用に対する問題点などがないかを確認するのが基本になっていますし、少量を使う事で治療をはじめてみて、必要に応じて量を増やすという使い方をして、副作用が極力出ない使用方法を心がけています。大抵の歯科医師は、虫歯の治療や歯周病の治療においても不必要な場合は麻酔の使用をさけていますし、注射に対する痛みも極力ないように努力をしています。事前に歯茎の部分に塗布麻酔を行い、その後感覚が無くなる程度の時間帯で治療の必要性に応じて注射器で数か所にうつようにします。副作用が絶対にないとは言えませんが、利用をしている量も決して多くはないので基本的に問題はありません。歯医者での治療が怖いと感じる人の為に行う方法で笑気麻酔を行なう事で安心をして治療にのぞめるようにしている歯科もあります。

↑PAGE TOP