バックナンバー

歯科麻酔の個人差の効き目

歯科の麻酔についての知識

歯科を利用する際に知りたい事

歯科を利用する際に気になる事といえば、麻酔ですよね。痛みを感じなくさせる効果があるからこそ、安心して利用できる訳です。しかし、効かないケースも存在します。何故なら、体質の問題があるからです。それは歯科であっても、例外ではありません。同じ量の麻酔を使ったとしても、効果が出るかどうかは別問題です。その見極めはとても難しい。少なくとも、外見で判断できる事ではありません。例えば、外見でその人のベスト睡眠時間はわかりませんよね。歯科であっても、体質は大切な要素です。これを無視した治療は、ありえないでしょう。このように、体質は本当に人それぞれなので、安易に同じであるとか似ていると解釈してはいけないのです。問題は、効かないからといって無闇に麻酔を増やせないという事です。仮に影響がなかったとしても、増やした事で影響が出るかもしれません。それは、歯科であっても変わりません。それだけ、麻酔の力は大きいのです。実は麻酔が効かないのではなく、効くのが遅いケースも存在します。寝付くまでの時間が人それぞれのように、効くまでの時間も人によって変わります。この時間差を勘違いして、効かないと思ってしまう人もいるでしょう。歯科は歯を治療する所ですが、患者の事をしっかり見て治療しています。

↑PAGE TOP