トップ / 助産院でも出産一時金は貰える

助産院と控除額の関係とは

助産院でも出産一時金は貰える

助産院での出産の一時金

数十万円の費用が必要となる妊娠・出産ですが、国は深刻化する少子化を食い止めようと、出産する女性に対して出産費用の一部をまかなえるように、「出産一時金」というものを支給しています。

出産一時金は健康保険に加入していて、妊娠4ヶ月(85日目)以降で出産した場合に赤ちゃん1人につき42万円が支給されるというものです。多胎出産の場合、双子であれば倍の84万円、三つ子であれば3倍の126万円受け取ることができます。また、妊娠4ヶ月以降に死産だった場合にも出産一時金を受け取ることができます。

この出産一時金は産科などの病院での出産以外にも、助産院での出産でも対象となります。しかし、産科医療保障制度加算対象でない病院もしくは22週未満で出産した場合には42万円ではなく、40.4万円の支給となりますので注意が必要です。また、助産院によっては出産一時金の対象でないところもあるので、出産する助産院を決める前に対象の助産院かどうかを確認しておきましょう。

出産一時金の受け取りの方法には二種類あります。個人で受け取る場合と助産院に直接振り込んでもらう場合です。個人で受け取る場合は、まず退院時に自分で費用を支払ってから、後日出産一時金を受け取ることになりますが、助産院に直接振り込んでもらう方法を利用すれば、出産時に必要となる多額の費用を用意しなくてよくなります。

また、助産院に直接振り込んでもらう場合でも、出産費用が42万円に満たなかった場合は、後日指定した口座に差額を振り込んでもらうことができるので安心です。出産一時金の受け取り手続きは妊娠中に済ませておいて、もらい忘れがないようにしましょう。

Copyright © 助産院での出産と病院出産の費用. All rights reserved.