トップ

助産院と控除額の関係とは

助産院での出産と病院出産の費用

助産院と病院での出産費用の差

大学病院や総合病院などの大きな病院、もしくは地域の個人産院、最近では助産院など、出産する際の出産場所の選択肢は幾つもあります。助産院での出産は自分の力で、自由なスタイルで自分らしく出産できるため、最近人気を集めています。

しかし、出産の際に気になるのが費用の問題です。妊娠・出産は病気ではないため健康保険の対象外となってしまい、すべての費用を自腹で支払わなくてはいけません。病院での出産と助産院での出産では、費用面で大きな差があるのでしょうか。

結論から言うと、病院と助産院では必要となる出産費用はほとんど変わりません。助産院と病院の違いは、助産院には産科医がおらず、助産師の資格を持った方が対応してくれるという点です。病院よりも親身になってもらいやすいため、妊娠期間中を安心して過ごすことができ、自分の希望するスタイルの出産ができることが助産院のメリットです。助産院での出産を希望するならこちらで情報を手に入れましょう。

病院の固いベッドの上ではなく、布団の上で膝を付いて自分にとって楽な姿勢で出産がしたい、温かいお風呂の中で水中出産がしたい、陣痛促進剤などの医療の力を借りずに自分の力で赤ちゃんを産みたいという方が助産院での出産を希望される傾向にあります。

助産院でも病院と同じく妊婦検診は1回5000円前後、分娩費用は平均45万円前後必要となります。助産院での出産では医療行為が行えないため、緊急時は提携している産科へ移ることとなります。助産院を選ぶ際には、産科とのどのように提携しているのか、前もって知っておくようにしましょう。

助産院では母乳育児を推奨しているところが多く、出産後も母乳マッサージの仕方や授乳レッスンなどのアフターケアを有料で行っているところもあります。助産院のメリットにはこのようなアフターケアが充実していることも挙げられるでしょう。

Copyright © 助産院での出産と病院出産の費用. All rights reserved.